ごちゃ混ぜカクテル

普段自分で調べたり考えたりしたことを、人様に見せられる程度に整えた、公開ライフログ的なブログです。デジタルガジェットとゲームと文房具が好きです。

ミニマリストの女性に憧れるけど断捨離だけします

f:id:madoca_asa:20161124223856j:plain

 最近、ネットサーフィンをよくするようになったせいか、身の回りの物を必要最小限に減らして生活する、持たない暮らしを実践しているミニマリスト、という言葉をよく目にするようになりました。
 ミニマリストさんたちのブログもたくさんあり、いくつか読んでいますが、どの方もそこはかとなく漂うカッコよさがあり、ステキだなと思っております。 

 ※タイトルにわざわざ女性とついているのは女性の方がモノが多そうだというイメージからくるものですので、深い意味はありませんぞ!

 

[スポンサーリンク]

ミニマリストとは

持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方で、大量生産・大量消費の現代社会において、新しく生まれたライフスタイルである。「最小限の」という意味のミニマル(minimal)から派生した造語。

引用元:ミニマリスト(ミニマリスト)とは - コトバンク

 ただ持ち物が少ないだけでなく、その方が豊かに生きられる、という考えに基いているようです。

ミニマリストってこんな人だと思っている(想像)

 ※全て想像です。

 ミニマリストになるためには、まず第一に自分の持ち物をできる減らすことが必要です。
 更にそこから、必要最小限にするために、今あるものが別のもので代用できるのではないかという活用方法を考え、また、それは本当に自分に必要かどうかと今一度自分に問いかける(そして手放す)ことにより、必要なものを限界まで削ぎ落とし、それを維持し続けて初めてミニマリストになれるのでしょう(想像ですが)。

 モノを減らすためには必要なもの・不必要なものの峻別が出来なければなりません。
 それすなわち、自分というものをきちんと分かっている、ということはないかと思っています。
 ですから、ミニマリストはきちっとしたカッコよさがあるのでしょう。

では自分はそうしたいのか?

 答えは、NOです。
 考え方はとてもステキだと思うのですが、色々と新しいモノ好きだったり、コレクター心があったりするので、現在の私の望む生活は、ミニマリストのそれとは離れています。

 恐らく、私はミニマリストの生活に憧れているのではなく、ミニマリストが自分に合ったライフスタイルが分かり、それを実行していることへの憧れているのです。 
 お恥ずかしながら、私はこの年になりながらも、自分の生きたい生き方、ライフスタイルの軸というものが定まっておりません。そのため、上の文も「恐らく」というような書き方になってしまうのです。
 その為、自分に合った考えが分かり、そのように生きていける人をステキだと思うのです。 

なので断捨離だけします

 とまあここまで書いておいてアレですけども、実のところは私、汚部屋ならぬごちゃごちゃ部屋の住人です。
 明らかな誰が見ても分かるようなゴミはないのですが、必要か不必要かの選別ができず、モノがどんどん積まれていくという状態となっております。

 ミニマリストの考え方、「自分にとって本当に必要なものを持とう」ということへの共感がありますので、最初のステップ「モノを減らす」という行為をしてみようかと思います。
 まずは、ミニマリスト未満を目指します。

 

おわり。

[スポンサーリンク]