ごちゃ混ぜカクテル

普段自分で調べたり考えたりしたことを、人様に見せられる程度に整えた、公開ライフログ的なブログです。デジタルガジェットとゲームと文房具が好きです。

親知らず、抜く? 抜かない? 私の体験談をお伝えします

f:id:madoca_asa:20161106172812j:plain

 先日、3本目の親知らずを抜歯しました。

 4本生えていたうちの1本は親知らずの手前の歯を虫歯で抜歯しているため(とても痛かった!)、その歯の代わりとして活用するため、3本目が最後の抜歯となります。

 そこで、親知らずを抜くまでのあれこれをまとめますので、親知らずを抜くかどうかの検討中の方は是非参考にして頂きたいな、と思うわけです。

 

[スポンサーリンク]

 

親知らず、抜く必要あるの?

 と、かつて私も思っておりました。

 上の親知らずの手前の歯を抜歯した際が人生一番の激痛だったため、抜歯=恐怖というものが植え付けられてしまったわけです。

 なので、親知らずを抜くor抜かないという選択があるというものから逃げてまいりました。わざわざ歯医者で聞かれもしなかったですし。

 あ、因みに二番目の激痛は、その抜いた歯が虫歯の最終段階になってしまった時です!

 三番目以降は多分生理痛ですが、いつ付のものが最高だったかどうかはランク付けできないレベルですかね。いつも痛い、そのうち薬使っても呻くレベルの激痛がたくさんある感じですから。

 

親知らず、抜きたいな〜(by歯科医)

 親知らず事は見て見ぬフリで生きていたのですが、去年通い始めた歯科医院の歯医者さんがものすごくきっちりした方で、今ある虫歯の治療のみでなく、予防歯科にも力を入れているそうで、「親知らず、抜きたいな〜って思うんだけどね〜」と言われてしまいました。

 なんでも、残っている方の上の親知らずは噛み合わせ対象の歯が無く、下の歯茎を押していました。そういえば、たまに歯茎が痛んだり腫れたりした事があったような気が……。

 一方、下の親知らずはと言いますと、二本共殆ど歯茎に埋まった上に横向きに生えています。そのため、磨きにくく、更にはその手前の歯を押し、その接する箇所が虫歯になってしまいました。

 害がなければそのままでもよいのでしょうが、そんな説明をされ、私の場合は害ばかりという事を知ってしまったので、抜く事にしました。 

 

軽い気持ちで一本目

 上の歯は軽い気持ちで掛かり付けの歯科医院で抜く事になりました。

 虫歯の治療と同じようなノリで予約を取りましたので、何事もなく終わるのかなーと思いました。

 時間は多少掛かりましたが、麻酔が効いているので、痛みもなく、楽々でした。

と、抜くまではよかったんですよ、抜くまでは。

 抜いた後に抜けた歯を見せてもらったら気分が悪くなって、一時間程休ませて貰ってから家に帰りました。家に帰ってからもへろへろでろくに動けなくなりました。

 よくよく思い出せば私、血液的な話とか、生物の教科書の赤血球の絵が苦手なタイプでした。

 見てはいけないものだったんだろうなーと学びました。

 ただ翌日以降は全然平気で、顔も腫れずにフツーに過ごしておりました。

 

ちょっと頑張り二本目

 下の歯二本は少し神経に近い箇所であったので、紹介状を書いてもらい、大学病院で抜歯をすることになりました。

 紹介状にも書かれているのかな、と思いましたが、過呼吸起こすかもしれませんという事は自己申告しました。

 どうしても神経に近い場所になるので、麻痺が残る可能性が3%程ある事の説明等を受け、同意書にもサインしました。普通の人は1%以下みたいですが、私の場合はすごく近かったのでそこまで上がってしまったようです。少し精神的に怖かったです。

 3%って、ファイアーエンブレムだったら当たるからね!

 そんなこんだで身構えていましたが、いざ抜歯当日は、本当にさくっと抜けました。

 歯科医さんの手際が良過ぎて驚きでした。20分掛かりましたかね? というレベルです。勿論、痛みはありませんし。体調も悪くならずに済んだので、そこまま薬局に行って普通に電車で帰宅しました。

 

 が! 抜歯後の止血が上手くいかず、辛い思いをしました。ガーゼを当ててもらって30分くらい噛んでおくようにと言われたので、痛み止めを飲むタイミングもあって、30分で一度外してガーゼ交換したのですが、その後更に30分程経って交換した後も、血が止まらずに、不安でパニックになりそうになりました。

 取り敢えず家にあったガーゼを詰めて寝逃げしたら止まったので、良かったです。

 そして、頬がすごく腫れて痛くなりました。え、こんなに腫れるの? 上とぜんぜん違う! と戸惑いました。

 

 後は、上の歯と違って糸で歯茎を縫ったので、その糸を抜く必要がありました。

 抜糸の際に、止血がうまくいかなかった話をしたところ、「夜中まで止まらない人とかも居るみたいですね〜」と通常の範囲内ですよ、という事を教えてもらいました。

 止まりにくい系の人はそんなに不安にならなくてもよかったみたいですね。先に教えろ。

 

慣れてきたかな三本目

 抜く時は痛くない、顔は腫れるぞ! という事を体で覚えたので、余裕を持って行きました。

 前回同様スルスルっと抜いて下さりました。

 ただ、新人さんに教えつつ〜の抜歯だったので、余計な情報が耳から入ってきて落ち着かない感じでしたが。耳寄り情報はやっぱり歯茎の具合等の説明をする際に「年齢にも寄るんだけど〜」と言っていた事ですかね。若いほうが抜きやすいようです。

 前回の失敗を生かし、止血用ガーゼを二時間噛んでやりましたよ!

 その甲斐もあり、止血もスムーズにいきました!

 やっぱり頬は痛いけれど、前回よりは早く回復しているような気がします。

 余裕です! もうベテランの域ですかね。(もう抜きませんけど)

 

まとめ

 親知らず抜歯後はやはり毎日のブラッシングが楽になり、歯茎も痛まなくなった気がします。

 なので、親知らずが有る事で不便を感じているようであれば、抜いてしまった方が良いのかな、と個人的には思います。

 キレイに生えている人はそのままでいいんじゃないかな、と思います。私のように手前の歯が抜くレベルの虫歯になったら再利用できますし。

 あとは、若いうちの方が抜きやすいそうなので、抜くと決めたら早めに病院に行きましょう。

 

 麻酔があるから施術中の痛みはありませんよ!

 麻酔入れるための針の痛みや腫れの打撲みたいな痛みはありますけどね。

 そこまで怖がるようなものでもありませんので、是非!

 

おわり

<スポンサーリンク>